楽天で今売れているものは?

トップページタイピングの練習とキーボードタイピングの指とキーボードの対応付け

タイピングの練習とキーボード

タイピングでは、どの指でどのキーを打つかの対応付けの基本が決められています。
必ずしも全てその通りにキーを打つ必要はなく、タイピングを練習していくうちに、自分なりに打ちやすい指とキーの組み合わせが出てくるでしょう。

指をホームポジションに置いてみてください。
左手小指は、Q、A、Zと、それより左側にある左シフト、capslock、tabなどを打ちます。
左手薬指は、W、S、Xを打ちます。
左手中指は、E、D、Cを打ちます。
左手人差し指は、R、F、V、T、G、Bを打ちます。
右手人差し指は、U、J、M、Y、H、Nを打ちます。
右手中指は、I、K、,を打ちます。
右手薬指は、O、L、.を打ちます。
右手小指は、P、;、・と、それより右側にある@、:、右シフト、enterなどを打ちます。
左手親指は、無変換キー、左altキー、スペースキーなどを打ち、右手親指は、変換キー、右altキー、スペースキーなどを打ちます。

タイピングしてみると分かるかも知れませんが、Mキーは右手中指が打ちやすいかも知れません。
「,」キーは右手薬指が打ちやすいかも知れませんし、「。」キーは右手親指が打ちやすいかも知れません。
これには個人差がありますが、日本語をローマ字入力していると変換を確定させる時や文章の終わりにはenterキーを打つので、私の場合は自然に文章の終わりは右手の指がひらきます。右手小指でenterキーを打とうとする勢いでその直前に「。」を右手親指で打っている感じです。とはいっても普段こういったことは意識していません。指が自然にそう動いている感じです。

人それぞれ指の長さも指と指の間隔も異なりますから、上記の組み合わせを基本として、自分なりにタイピングしやすい指とキーの組み合わせを見つけるとよいかと思います。


タッチタイピングについて - livedoor Blog 共通テーマ
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内
タッチタイピングはパソコン操作の効率を格段に向上させてくれる技術です。ネットはマウスだけでも可能ですが、メールや文書作成にはキーボード操作が不可欠です。タッチタイピングはパソコン操作を全般的に向上させてくれます。
私はSEを仕事としているのでパソコンを毎日長時間使用します。パソコンに触れ始めた頃は全くタイピングが出来ず、名前を入力するだけでも四苦八苦でした。タッチタイピングは決して難しいものではなく、練習でマスターできます。体に覚えさせてしまえばよく、一度覚えたら簡単には忘れない技術です。
当ブログを通してタッチタイピングを練習される方のお役に立てれば幸いです。



My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

Sitemap

blogランキングに参加しています。
人気blogランキング


欲しい情報がなかった時はここから検索できます。
Google
検索キーワード例
「タイピング 練習」
「タイピング ゲーム」
「タッチタイピング 上達」





  • seo